フランクフルト空港 ルフトハンザセネターラウンジ

フランクフルト空港へ到着しましたが、到着したのがAゲートからANA便が出発するBゲートまで、通路を永遠と歩かされました。お年寄りだと、乗り継ぎに何分かかってしまうことでしょう...。

そういえば、帰りのチケットを持っていません。ボーディングパスを持たなくても、出国できるのかと心配しましたが、無事に出国できました。ラウンジでは、eチケットの予約番号と、カードを見せてパスしました(予約番号を端末でチェックするので少し時間がかかります)。

ラウンジはかなり空いていました。何年か前のカオスさはもはやありません。軽食をつまみに、ヴァイスビールを飲みました。

海外の空港でいつも気になるのが、羽田の表記の扱い。一都市に複数の空港がある場合、通常は写真のParisやMoscowのように「都市名-空港名」が通例だと思いますが、「Haneda Airport」やTokyoがなく単に「Haneda」だけなど、ちょっと特例扱いの表記が多いようです。「Tokyo-Haneda」だとダメなんでしょうか?

帰りもスタガガードシート

ゲート前のラウンジに、片山右京さんっぽい人がいました。行きもっぽい人を見かけたのですがマスクをしていたので確証が持てず。念のため片山右京さんのtwitterアカウントを検索。チーム右京のアカウントの発言が「これからリスボンの空港へ向かうところだ」とあったので、本人がヨーロッパ遠征をしていたと断定し、握手を求めに行ったところ本人でした。一言二言、話しができました。

帰りのフライトは10時間半。スタッガードシートはやはり快適です。シートについては、行きのNH223便のブログで詳しく書いています。

シャンパンからスタートします。

アミューズ:蟹サラダ、ショウガのコンフィチュールを添えた鴨のスモーク、ベーコンのキッシュ

前菜:帆立貝幽庵焼き、牛肉野菜まき、鮪煮凍り 

小鉢:野菜の揚げ浸し

酢の物:スモークサーモンのサラダ ポン酢風味

主催:銀鱈西京焼き

祖hクジのサーブもゆったりで、そろそろ眠くなってきます。

デザート:フルーツ

ベイリーズで〆ました。

しばらく休んだ後、一風堂ラーメン 空の上のトンコツ「そらとん」をいただきます。地上と変わらぬ味とまでは言えませんが、やはいり美味しいです。このラーメン、空の上ではかなり匂い、ズルズルっとすする輩も見かけます。嫌な人には嫌なんだろうなぁ、という思います。

またしばらく睡眠時間を取ります。気軽に食事したり寝たりできるのがスタッガードシートの良いところです。

朝食には、鶏きじ焼き丼をいただきました。残念ながらパサパサして、イマイチでした。

機体は徐々に降下し、夏の雲を抜けます。ちょうど福島第一原発も見えました。

羽田に到着しました。羽田空港だと、超時間のフライトの後でも、楽に帰れるのが嬉しいところです。

旅の概要

お仕事に区切りが付いたので、久しぶりにヨーロッパへ方面へ向かいました。

今回は、
・クロアチア(ドゥブロブニク)
・トルコ(イスタンブール・カッパドキア)

を目的地としてルーティングを考えてみました。

まず決めたのが、ヨーロッパへのANA便。これがないと始まりません。経由地はスターアライアンス便への乗り継ぎが良いフランクフルトを選びました。出発1ヶ月前でも、まだ7月下旬出発〜8月上旬帰国のCクラスが空いていたのはラッキーでした。フランクフルト深夜便やミュンヘン便もできて、特典航空券が取りやすくなっている気がします。本当はもう少し長く滞在したかったのですが、8月のお盆休みもあったり、その後の日程は厳しい状況でした。1日滞在を延ばそうと、念のため発券後にキャンセル待ちをかけておきました。

日程もタイトだったので、ヨーロッパ内の移動はLCCを使わずにスターアライアンス・ヨーロピアンエアパスを使用しました。若干高いのですが、ルーティングが自由になることは魅力的です。帰路イスタンブールからフランクフルトに直接飛んだりするのは面白くなかったので、アテネに寄ってみることにし、最終的には、

・ドゥブロブニク
・イスタンブール
・カッパドキア
・イスタンブール

を回る旅となりました。

羽田空港からフランクフルトへNH223便で出発

ヨーロッパ便も羽田の時代。成田で「遠くまでやってきてなんだか疲れている感」はありません。いつもの伊丹便と変わらないような感じなのは、周りに外人が少ないということに加えて、ターミナルが開放的で明るく、フライト前の緊張感が和らげていることかもしれません。

ラウンジに寄って、ゲートへ。そこで、片山右京氏を発見しました。山でも登りに行くような感じでした。

ANA スタッガード Cクラス座席

機材は777-300ER、フルフラットベッド搭載で、全てが通路側という配列です。いつでも気兼ねなく通路側に出られます。フルフラットベッドは、寝ている間に腰周りにかかる負担が少なく、ライフラットシートより全然疲れませんでした。ベッドパッドやオットマンのあり・なしというのも大きいかも知れません。これはもうライフラットには戻れません...。

また「いつでもベッドにしてゴロゴロしたり、胡座をかきながら座る」ということは従来のビジネスクラスにはなかった点で、まるでファーストクラス感覚でした。座席が通路より奥まった場所にあるので、プライバシーも確保できるのも嬉しいポイントです。

帰りのNH224便のブログでも、シートを紹介しています。

羽田から北向きに飛び立ちます。まだ国際線の感覚がありません。

食事編

楽しみにしていた、一回目のお食事です。 まずは、シャンパンとアミューズです。

続いて、アペタイザー。いちじくを添えた京鴨の生ハムが美味でした。

メインは、牛フィレ肉のステーキ。

昔はここでデザートでしたが、最近はチーズプレートなんて出てきました。他のエアラインにあるようなポートワイン・デザートワインはありませんでしたが、これは素直に嬉しい改善です。

ここで一眠り。

夜食・セカンドミール編

夜食には、一風堂のとんこつラーメンを食べました。1食目の消化が進まず、3時間前。お味はカップ麺的な感じです。しかし狭い機内、他の乗客が食べていると臭ってきます...。

2時間前に、食事はラストオーダーと言われてしまい、フルミールは断念。少しだけさっぱりとしたものを口にしました。

無事、フランクフルト空港に到着しました。乗り換えのためのゲートを目指します。

フランクフルト ルフトハンザラウンジ

ANA便で到着後、入国審査を終えて、ルフトハンザラウンジへ。リニューアルされていて、快適になりました。外を見るとポツポツと雨が。やがて雨が強まり、雷も鳴り始めました。日本のゲリラ豪雨をそのままフランクフルトへ持ってきた感じです。

フライトを待っている間、ちょうどメールが届き、空席待ちをしていた帰りのANA便が確保できました。最後の日程であるアテネでの滞在時間が延びて、ホっとしました。

午前中のRCCは、すごい混雑していました。

IMG_1860

最前列なので、足元広々です。やはりプレミアムエコノミーは、足を伸ばせる最前列が一番だな、という印象です。

隣の座席には、日本人のお婆ちゃんが座っていました。何十年も前に、米軍海兵隊に所属していた夫と結婚し、サンフランシスコへ移住した方でした。交際中、エアメールのやり取りをしていただけで、街中の噂になっていたとか。

すでに夫も亡くし、一人でサンフランシスコで住んでいるとのこと。今回は米子での小学校の同窓会で帰国するそうで「これが最後かねぇ」と寂しいことを言うので、「また、来られますよ」と返してあげました。

「私は、夫と結婚してサンフランシスコへ移住したことを、一度も後悔したことがない」という言葉が、印象的でした。

IMG_1865

なかなか良い天気です。

IMG_1866

IMG_1868

昼食は、こんな感じ。やはりお味噌汁があるのが、ありがたい。

IMG_1873

ぐっすりとは寝られませんでしたが、時差の関係上寝なくても大丈夫なので平気です。

IMG_1874

あっという間に、朝食の時間です。シンプルだったが、美味しかったです。

IMG_1878

IMG_1886

成田に着陸。今回も良い旅でした。

IMG_1893

2011年のメキシコ・シティとサンフランシスコへの旅行記です。
夕刻、成田エクスプレスに乗って成田空港へ向かいました。

あまりこの時間の便には乗らないので、こんな時間に成田にいることに少し違和感を感じます。

隣のスポットには、夕陽を浴びるパンダジェットが駐機していました。

いつものようにANA Lougeへ寄って、いざ搭乗です。

IMG_1443

隣のユナイテッド航空は、コンチネンタル航空と統合し、早くも新しいボディ・ペイントになっていました。旧塗装がいつまでたっても更新されなかった一昔前とは大違いです...。

IMG_1445

久しぶりにプレミアムエコノミーを利用しました。インターネットを利用して事前に座席指定ができるようになってから、当日のドキドキが無くなり、便利になった。

IOJ(Inspiration Of Japan)仕様となりましたが、シートカバーと、枕カバーの色が濃くなっただけでしょうか...?

IMG_1447

スポットアウトして離陸しました。このときは珍しく機内食を撮っていませんでしたが、IOJになってからエコノミーでもお味噌汁の提供が始まったのには関心しました。和食に合うので、なかなか良いサービスだと思います。

IMG_1449

プレミアムエコノミーとはいえリクライニングも浅い座席ですし、隣も乗客がいたのでなかなか熟睡はできず。うつらうつらしていると、早くも朝食の時間となりました。そして、あっと言う間にロサンゼルスに到着です。

IMG_1451

ちょうど到着便が重なったようで、イミグレは大行列。だいぶ時間がかかったが、乗り継ぎ便には6時間ほど余裕があるので、問題ありません。

国際線ターミナルでバゲージを預けて、UAのターミナルへテクテクと徒歩で移動しました...。こんな状況だと、今後のLAX乗り継ぎは選択肢から外したいものです...。

初めてロサンゼルスでターミナルの外に出ました。ずっとこれが見たいと思ってたのです。

IMG_1453

↑このページのトップヘ