Airbnbは、部屋を借りたい旅行者と、空いている部屋を貸したい人がインターネット上で出会うことができるサービスです。最近世界から注目されており、既に100万泊以上の実績があります。

日本でも海外旅行好きを中心に徐々に知られるようになってきましたが、まだまだ一般の方には敷居が高く感じられるようです。 このサイトでは、そんなAirbnbをいろんな人に知ってもらい、使ってもらえるようにAirbnbをご紹介します。

Airbnbの読み方

誰もが最初は気になる、「Airbnb」の読み方。「エア・ビーエヌビー」と読みます。BnBとは、Bed and Breakfastの略で、直訳すると、「ベッドと朝食」...。日本ではあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、いわゆる「民宿」と同じで、ヨーロッパなどを中心に、ごくごく普通な宿泊形式です。

また「Airbnbを使いたい」という多くの声

Airbnbを使った人からは、「また海外行くなら絶対使いたい」という話をよく聞きます。Airbnbの醍醐味は何といってもホストとの交流でしょう。 多くの人が「せっかくの海外旅行なら、現地の人と交流したい」という気持ちを持っていながら、その機会を持てずにいました。 しかし滞在を通じて現地の人とコミュニケーションができる、という機会は、ホテルでの宿泊では得られない素晴らしい経験を提供してくれます。

住むように滞在したい、しかもオシャレな部屋に

サイトを見るとまず目に入るのが、雑誌に載っているようなオシャレな部屋や、豪邸のような一軒家です。個人の部屋から高級アパート、果てはお城まで、いろんなお部屋から選ぶことができます。 ホストの都合さえ合えば、そんな家をずっと独占したりすることもできます。

ページ目次

このページでは、Airbnbの使い方について、説明します。予約の方法、流れなどをご紹介します。

泊まりたい街を検索する

まず、トップページの検索ボックスから、泊まりたい街の名前を入力します。すでに旅行の予定が決まっている方は、宿泊したい人数と日程も入力しましょう。

値段・場所・口コミなどを見て部屋を比較する

ズラっと並ぶ検索結果一覧から、自分の泊まりたい場所を探します。部屋の雰囲気や、自分の予算はもちろんですが、場所も注意してよく見ましょう。市街地から離れていたり、車でしか行けないような場所は要注意です。

詳細画面では、部屋に備え付けられた家具や電化製品、ホストが提供するアメニティなどの情報も見ることができます。

※余談ですが、地図からはなかなか交通の便はわかりづらいのも事実です。
※先の検索画面で日程を入力していた場合、その日程に空きがあるホストのみ検索結果一覧に表示されています。

カレンダーを見て今すぐ予約、またはホストへコンタクトする

お気に入りの部屋が見つかったら、「予約」ボタンから予約しましょう。日程を入力してボタンを押すと、手続きを行う画面が表示されます。

ただし、予約の前に「ホストの確認」が必要となる場合があります。この場合は、ホストへ「この予定で空いているか?」等のコンタクトを取りましょう。会話のやりとりは、SNSでのやりとりのようにAirbnb上で行います。

何回かやりとりした中で、ホストが「泊めても良い」と判断した場合、OKが出て「仮押さえ状態」となります。この後、手続きを行うと、正式に予約が完了します。

※まだAirBnBのアカウントを作成していない方は、ここでアカウントを作成することになります。
※日程が空いていない、というよほどのことがない限り、ホストが宿泊を拒否することはないと思います…。

予約する前に、ホストへコンタクトを取って、日程などの詳細を相談することも可能です。宿泊時に何か気になることがあれば、事前に確認を行うようにしましょう。

予約が確定する(決済する)

手続きでは主に、宿泊費用の支払いを行います。ホストが提示していた宿泊費と、Airbnbへの手数料を支払うことになります。

予約が確定すると、ホストの連絡先や、部屋の詳細な住所・地図が表示されます。ホストとは、引き続きAirbnb上でコンタクトを取ることができます。

泊まる

ホストと決めた方法によって、待ち合わせしましょう。部屋の使い方の説明をしてくれるので、注意深く聞きましょう。

なお、部屋だけを貸すところもあれば、家を一軒丸ごと貸してくれるケースがあります。

事前に決済は行われているので、この場でお金を渡す必要はありません。

ページ目次

 

 

先日休暇でマレーシアのクアラルンプール(以下、KL)に行ってきた時に、今話題のAirbnbを使って「人の家に泊まる」という経験をしてきました。3度ほど今話題のAirbnbを使って「人の家に泊まる」という経験をしてきました。サイトの存在自体は以前から知っていて、仕組みも大体分かってはいたつもりだったのですが、やはり想像と実際とは違うものです。今回は、サービスを通して使っての感想を、「特にネガティブなことを中心に」書こうと思います。

この家、どこにあるの?

普段宿を探す時に考慮するのが「出かけやすい(観光しやすい)場所にあるか」という点です。駅までの距離や、中心地・見所からどのくらい離れているのか、というのを予算とのバランスを考えながら探すものです。

しかしAirbnbのgoogle mapsの地図を見ても、土地勘がないので正直それが「よく分からない」感じでした。駅から近い順にソートすることもできないので、非常に探しづらかったです。予約した部屋も駅から近いと思っていたのですが、実際は駅まで少し距離があり、道路には歩道が全くない(これはマレーシア全体の多くの道でそうなってる...)のでタクシーを使わざるを得ませんでした。タクシー代が安かったからよかったのですが。

あとはガイドブックには載っていない場所なので、タクシーに場所を説明する時に少し困りました(有名な団地群だったのでなんとかなりましたが)。

予約の流れはスムーズ

予約完了までは、ホテル予約と同じような流れで特に迷うことなく完了しました。ただ一点ホテルと違うのが、相手の日程が合うかどうか。ページには「空き日程」のカレンダーがあったものの、不安だったので念のため本当に空いているかメッセージを送って確認しました。返答があってからサイトから予約(ここで決済)し、相手の承認を経て予約が確定となりました。

いきなりサイトから予約することもできるのですが、予約を断られることもあります。そりゃ、どこの誰かも分からない人がいきなり泊めてくれ、と言われても躊躇しますからね...。ここで重要なのはAirbnbに登録する「自分の」プロフィールだと言われています。僕の場合は、プロフィール写真と学歴・会社名などをfacebookから引っぱっておきました。

価格に関しては、超安いなー、という感じはしませんでした(そもそもKLですし)。NYとか、ホテル代が高い場所だと利用価値が上がるのかもしれません。

「部屋貸し」だと思ったら「家貸し」だった

サービスを利用していて一番想像と違っていたのが、利用側の自由度でした。てっきり、「毎日ホストがいる時間に家を出て、ホストがいる時間に帰ってくる」ものだと思っていましたが、今回は最初に家の鍵を渡してくれて、「俺ら家族は実家に帰るから、この家自由に使って良いよ」という、ちょっと驚きの経験でした。他のホストがどうしているかは分からないので、事前にコンタクトを取って聞いてみるといいと思います。

ただちょっと残念だったのが、ホストとコミュニケーションが取れる時間が限られていたこと。もっといろいろ会話したかったのですが...。

わかってはいるものの「ホテル」ではない

インターフェイスや、サイト見た目は「ホテル予約サイト」のメタファーを利用していますが、実際泊まるのはホテルではありません。

例えば、チェックイン時間は相手都合です。今回は会う時間が合わず、2時間も空港で待ちぼうけを食らいました。忙しい短期の滞在には、Airbnbは向いてなさそうな印象を受けました(しかも実際にサービスを受けてから)。

お部屋はというと、写真では綺麗だったものの、床をよく見ればチリや髪の毛が落ちていたり、トイレが少し汚かったりしました。もちろんそこらへんはホストに寄るかと思いますが...。

アメニティ(今回はバスタオルは用意してもらえてました)は自宅から持って行けば良いのですが、セーフティーボックスがないのには困りました。貴重品は、自己責任での管理となります。

レビューは万能ではない

「良い点」「悪い点」を客観的に見られるのが既に宿泊した人のレビューのはずですが、細かい「ちょっとこれはなー」がレビューに載らないのも理由がありそうです。それはレビューが実名顔写真付きで掲載されることと、「お世話になった人に文句は言いづらい」ことだと思います。

そういう意味で、Airbnbのレビューは「サービスに対する評価というよりも、人に対する評価」と考えた方が良さそうです。要は、最悪な経験でなければ、みんな細かいところには目をつむっているのかな、と...。

あと、レビューの「数」はあまりアテにならないな、と思いました。今回はレビューの数が2つのところに宿泊しましたが、ホストに聞くと「今まで宿泊した人は既に30組は越えている」とのことでした。積極的に「レビューを書いてくれ」と言ったもの勝ちという感じがしました。

Airbnbを使ってみたい、という友人からは、「本当に掲載している写真みたいに、オシャレな部屋だった?」との声がありました。今回は「YES」でした。

レビュー項目の一つに、「写真と実際が乖離していなかったか?」とAirbnbに対してレポートする項目があります。恐らく、このポイントが貯まれば、写真の右上に「Airbnb.com Verified photo」とお墨付きが貰えるのだと思います(そりゃ、一々Airbnbの調査員が行って調べてたら、スケールしませんからね...)。本当に不安な人は、そのお墨付きがついているかどうかも、チェックすると良いかと思います。

---

という感じでしょうか。

「外国の人とコミュニケーションが出来る、友達ができる」という醍醐味を味わえなかったというのもあり、個人的には、「また時間に余裕があるときに使っても良いかなー」という感想です。

ページ目次

 

↑このページのトップヘ