テンプロ・マヨールは、なぜか街の中心にある遺跡です。

IMG_3433

カテドラルのちょうど隣にあり、こんなに巨大なのにも関わらず、発掘されたのが1913年だそうです。メキシコシティは、洪水や地震にたびたび襲われ、外からの土が流入してくる度に「街の高さ」を高くしてきたので、この遺跡も「埋もれていた」ということです。また1521年に、侵略者の2人に建物が徹底的に破壊されてしまったのも、発見が遅れた一因とのこと。

IMG_3435

これが再現された神殿です。神殿も、元の神殿を土と石で覆うようににして新しい大きな神殿を造る、というのを7回に渡って行われてきたそうです。その結果、建物が何層にもなっ手織り、初期の神殿は外部からは見る事ができないようです

IMG_3457

今見えているのは、神殿のちょうど「てっぺん」に当たる部分というわけです。

IMG_3ん437

IMG_3439

IMG_3447

IMG_3451

IMG_3454

博物館に入ってみました。

IMG_3455

IMG_3459

IMG_3460

IMG_3463

IMG_3464