おきなわワールド 王国村

最終日は沖縄をテーマにしたテーマパークである、おきなわワールドへ。本島の南に位置しますが、高速道路を使えば北部からもアクセスが良い場所にあります。

ちなみに王国は複数のゾーンから成っていて、どこの間にもお土産屋や食べ物屋があり、それを抜けないと次のゾーンに行くことができません。中には沖縄と全く関係ないドクターフィッシュ体験などのコーナーもあり、「一度入場料を払って入った客から、さらにどれだけお金を取れるか?」という姿勢が垣間見える、商魂たくましいテーマパークのようです。とはいえ、押し売りされるわけでもないしそこまで嫌な感じはしません。

名物のスーパーエイサーは、1日に何度かの公演をしています。迫力があって非常に良かったです。ただし、演舞の最中は撮影禁止となります。

三線体験など、様々な体験教室があり(もちろん有料)、沖縄の染め物体験をしてみました。

うみぶどう工場

糸満にある大学の先輩が経営している自宅兼海ぶどう工場へ。海ぶどうを作るために、わざわざ沖縄へ移住したという先輩です。 

手作りのおうちは、内部も良い感じの雰囲気でした。

目の前には海、という絶好のローケーション。でもやはり台風が来る前は、家を守るための備えが大変だそうです。

山羊やポニーを飼っていました。

海ぶどうの養殖工場を見学させてもらいました。自分で一から研究して海ぶどう作りを学び、内地だけではなく、世界にも海ぶどうを出荷しようとしているそうです。

ちょうどパートのおばちゃん達が作業中で、もくもくと海ぶどうの種を一つ一つネットに絡ませていました。

こんな感じに育つようです。見た目がぷりぷりで、早速ポン酢に付けて食べたくなりました。